【薬局あるある 第21話】メトホルミン塩酸塩錠250㎎、処方箋によっては500㎎錠に替えられて患者さんも薬局もニッコリ

入力初心者B子:
 次のアプリ処方箋、お願いします!

調剤補助C子:
 はい、了解です。えーっと、メトグルコ錠250㎎が朝夕食後で4錠、16日分ね。ジェネリック選択は△になっているけれど、B子さん、前回はどうなっていました?

入力初心者B子:
 このお薬は今回初めての処方ですが、他のお薬については、これまで全てジェネリックでお出ししていますね。

調剤補助C子:
 そうなんですね、ありがとうございます。それなら、メトホルミン塩酸塩錠250㎎を16日×4錠=64錠分調剤すればいいわね。薬局長、こちらで鑑査お願いします。

薬局長:
 C子さん、こちらのメトホルミン塩酸塩錠、500㎎規格の方で再度取り直してもらえますか? 実はちょっとややこしいのですが・・・メトグルコ錠はジェネリックにした時の薬価が、規格によって異なるんですよ。250㎎規格の方は、メトホルミン塩酸塩錠250㎎に変えてもジェネリック扱いにならず、薬価もメトグルコ錠250㎎の時と変わらないのです。 一方、500㎎規格の方は、メトホルミン塩酸塩錠500㎎にするとジェネリック扱いになり、薬価も少しだけ下がるんですよ。薬局側から見ても、後発医薬品調剤体制加算の集計対象になるので、もし次回から処方箋見て気付いたら、メトホルミン塩酸塩錠500㎎で調剤できそうな患者様ケースは、そのように調剤してもらえますか?

メトグルコ錠250㎎からメトホルミン塩酸塩錠500㎎に替えられる患者様、処方箋ポイントとしては、  
 ●ジェネリック可である  
 ●1回量が250mg 2錠単位で処方されている
 ●大きな錠剤が飲みにくい患者様以外である

が該当しそうですね。500㎎は250㎎錠に比べると、割と大きめですからね。

調剤補助C子:
 なるほど、よくわかりました!ではこちらの処方箋、記載の半量で500㎎錠を再度ピッキングしますね。それにしても「処方箋見て気付いたら・・・」って、忙しい時など気付けるかしら?でもせっかくの薬局長からのご指摘事項だもの、なるべく漏らさず対応できるよう、これからもしっかり処方箋チェックしていかないと!

調剤入力AIまもる君:
 僕がいれば、そのようなお悩みもズバッと解決しますよ! ジェネリック希望の患者様で、メトホルミン250㎎が2錠単位で記載されている処方箋がきたら、「在庫があればメトホルミン塩酸塩錠500mgに変更が可能ですよ」とお知らせします。

AIまもる君が公式LINEになりました!
薬局で働く皆様のあらゆる疑問、相談にお答えしていきます。

関連記事

  1. 【mediLabニュース】‐「まもる君」ユーザ:鵠沼薬局様を…

  2. 【薬局あるある 第4話】漢方に多い難しい漢字、スッと読みたい…

  3. 【薬局あるある 第1話】軟膏・クリーム混合は、調剤のベスト組…

  4. 【薬局あるある 第17話】ロスーゼット配合錠の一包化指示がき…

  5. 【薬局あるある 第11話】長期処方に悩む、カロナール錠300…

  6. 【薬局あるある 第13話】サインバルタカプセルに脱カプセル指…

PAGE TOP